遺産の分け方はどう決まる

遺産の決定方法

遺産分割の仕方は、優先順位が決まっています。

遺産分割協議で相続人全員の合意が得られれば良いのですが、合意できない場合には、裁判所による手続きが必要になってしまいます。

 

1.遺言

相続が発生した場合に遺言があれば、まず一番に優先されることになります。本人の意思が最優先ってことですね。しかし、遺留分を侵害している場合には、遺留分減殺請求をすることができます。(遺留分を侵害する遺言であっても無効ではありません。)遺言については、今後このコラムでも詳しく解説していきたいと思います。

 

2.遺産分割協議

相続人全員が参加して遺産分割協議をします。全員の合意が必要で、未成年者・行方不明者・認知症患者等、簡単に合意がもらえない場合には注意が必要です。(クレーマーのような方も要注意)相続人全員が合意すれば、遺産分割協議書を作成して全員で署名・押印(実印)します。

 

3.調停

遺産分割協議で全員の合意がもらえなかった場合には、家庭裁判所に遺産分割の調停を申立てることになります。裁判所が任命した調停員を交え、他の相続人と調停をしていきます。

大体、月に1回で最低半年間の期間が要するようです。

調停がまとまれば調停調書を作成し調停成立となります。

 

4.審判

遺産分割調停でも話がまとまらなかった場合には、遺産分割の審判を受けることになります。審判では、相続人の相互に主張・立証を行い、それに基づいて裁判官が遺産分割の内容について決定をすることになります。審判に対し不服のある当事者は、即時抗告をすることができます。 

 

ポイント・まとめ

遺産分割の話し合いが家庭裁判所(調停以降)になってしまうと、相続人の精神的・肉体的・金銭的な負担は相当なものになります。また、家族の縁が切れてしまい「親の法事に行けない」なんてことにもなりかねません。

遺産分割協議で話がまとまるよう、遺言の準備や生前からの話し合いを大切にし家族の絆を守りましょう!

 

 相続手続きでお困りの | 遺言作成をお考えの方 | 相続対策をお考えの方

TOP業務案内ご依頼の流れ料金案内よくある質問事務所紹介無料相談の申込み問い合せ

 

《業務エリア》  静岡県西部地域(袋井市・浜松市・磐田市・掛川市・菊川市・森町)

初回相談無料

お気軽に

ご相談ください!


静岡県袋井市山科3377番地の3

(袋井インターから北へ3分)

メディア掲載実績

静岡新聞夕刊1面

生前贈与に関する取材記事が掲載されました。 

クリックで拡大
クリックで拡大

袋井市の封筒

広告を掲載して頂きました。

ぜひご覧ください! 

クリックで拡大
クリックで拡大

13週連続アクセス数No1!(静岡県内)

マイベストプロバナー
毎週コラムを更新しています!

セミナー情報・実績

第4回 袋井市まちゼミ

いざという時に困らない相続の話

(参加者9名)

いざという時に困らない相続の話
平成27年2月

『相続・遺言の基本』セミナー

袋井ゆうあいの里にて

(職員様 約40名参加)

相続の基本セミナー
平成26年11月

安心相続セミナー

月見の里学友館にて

(参加者11名) 

安心相続セミナー
平成26年9月

運営事務所

代表 永 井  宏 樹

静岡県袋井市山科3377番地の3

TEL 0538-42-5079

FAX 0538-42-5082

業務案内

  • 相続手続きサポート
  • 遺言作成サポート
  • 相続対策・生前贈与
  • 相続診断サービス
  • セカンドオピニオン
  • 不動産手続き

営業エリア

静岡県西部地域

  • 袋井市
  • 浜松市
  • 磐田市
  • 掛川市
  • 菊川市
  • 森町