公正証書遺言をおすすめする理由

公正証書遺言は、自筆証書遺言と比べて優れている点が何点かあります。

これらの点は、多少の金額が掛かっても公正証書遺言にしておいた方がよいと思う項目ばかりです。

 

(1) 検認がいらない

◇ 検認とは

相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。(裁判所のHPより)

※ 検認は、遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。遺言の有効・無効に疑念がある場合(認知症だった等)は、証拠を示した上で別途裁判で争われることになります。

 

◇ 検認をしないといけないのか?

検認を省略しようとしても、それはできません。

検認のされていない遺言は、不動産の名義変更などの相続手続きができません。

期間として1ヶ月以上掛かりますので、その間は相続手続きができないことになります。

 

◇ 公正証書遺言なら

これが公正証書遺言なら検認は必要なく、すぐさま名義変更・解約等の相続手続きに移ることができます。

他の相続人への連絡・同意も不要です!

公正証書遺言は作成時に手間・費用が掛かりますが、いざ相続が発生したときには、スムーズに相続手続きをすることができるのです。

 

※残された相続人が簡単・確実に手続きができることは、相続対策上も大変大切なことです。

 

(2) 偽造・変造される可能性が低い

◇ 自筆証書遺言を他人が作成したら

『遺言を書かせたんじゃないか?』という話は、少なからずある耳にする話です。

でも実際にそれを証明するとこは、大変難しく無用なトラブルになることが多いです。

筆跡鑑定などの方法もありますが、相続人同士の溝は深まるばかりです。

 

◇ 公正証書遺言なら

  • 印鑑証明書等で本人確認し、内容を確認します。
  • 公正証書遺言を作成時、相続人(子など)は同席できません。
  • 公証人と証人2人が内容を確認します。

上記のことから公正証書遺言であれば、本人の意思・内容を確実に伝えることができるのです。

 

◇ 変造される恐れは?

公正証書遺言は、

原本 ・・・・ 公証人役場

正本 ・・・・ 遺言者本人

に保管されることになりますので、公正証書遺言を変造される恐れはありません。

また公正証書遺言の存在を相続人であれば検索することができます。

 

※後日、謄本(公正証書遺言の写)を取ることもできます。

 

(3) 意思能力の問題で無効になる恐れが低い

◇ 遺言を書く能力とは

民法では 

第963条 遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない

と規定されています。では、『その能力』とはなんでしょう?

通常『その能力』とは、意思能力(法的な判断ができ、事理を弁識できる能力)が必要とされています。

 

※ 意思能力のない方の遺言は、無効になってしまいます。

 

◇ 物忘れが激しい人が書いた遺言は有効か?

『認知症で遺言が書ける状態でなかった』という相談を聞くことがあります。

また、日々接している方とたまに合う方では、感じ方が違う部分もあるでしょう。

診断書があれば別ですが、遺言作成時に意思能力の有無を判断することは難しことです。

 

◇ 公正証書遺言なら

  • 公正証書遺言を作成時、公証人が遺言者に読み聞かせて意思を確認します。
  • 公証人と証人2人が内容を確認します。

公正証書遺言であれば、少なくとも3人の第三者が本人の意思について確認をします。

第三者がだれも確認しない自筆証書遺言に比べれば、遥かに信用力は高まります。

しかし、公正証書遺言の場合でも裁判所で意思能力の問題で無効になっている遺言があります。

※ 全体から見ればわずかです。

 

 相続手続きでお困りの | 遺言作成をお考えの方 | 相続対策をお考えの方

TOP業務案内ご依頼の流れ料金案内よくある質問事務所紹介無料相談の申込み問い合せ

 

《業務エリア》  静岡県西部地域(袋井市・浜松市・磐田市・掛川市・菊川市・森町)

初回相談無料

お気軽に

ご相談ください!


静岡県袋井市山科3377番地の3

(袋井インターから北へ3分)

メディア掲載実績

静岡新聞夕刊1面

生前贈与に関する取材記事が掲載されました。 

クリックで拡大
クリックで拡大

袋井市の封筒

広告を掲載して頂きました。

ぜひご覧ください! 

クリックで拡大
クリックで拡大

13週連続アクセス数No1!(静岡県内)

マイベストプロバナー
毎週コラムを更新しています!

セミナー情報・実績

第4回 袋井市まちゼミ

いざという時に困らない相続の話

(参加者9名)

いざという時に困らない相続の話
平成27年2月

『相続・遺言の基本』セミナー

袋井ゆうあいの里にて

(職員様 約40名参加)

相続の基本セミナー
平成26年11月

安心相続セミナー

月見の里学友館にて

(参加者11名) 

安心相続セミナー
平成26年9月

運営事務所

代表 永 井  宏 樹

静岡県袋井市山科3377番地の3

TEL 0538-42-5079

FAX 0538-42-5082

業務案内

  • 相続手続きサポート
  • 遺言作成サポート
  • 相続対策・生前贈与
  • 相続診断サービス
  • セカンドオピニオン
  • 不動産手続き

営業エリア

静岡県西部地域

  • 袋井市
  • 浜松市
  • 磐田市
  • 掛川市
  • 菊川市
  • 森町