遺言書の種類

 遺言の種類には、まず通常のときに書く普通方式と死期が迫っているときに認められた特別方式がありますが、ここでは普通方式の話をします。

 

普通方式の遺言の種類

自筆証書遺言  公正証書遺言  秘密証書遺言  の3種類があります。

 

それぞれのメリット・デメリット

  自筆証書遺言 公正証書遺言
メリット

一人で簡単に作成できる

費用がかからない

存在と内容を秘密にできる

無効になるおそれが低い

内容実現の確実性

遺言能力等で争われるおそれが低い

紛失改ざんのおそれがない

遺言書の存在を検索できる

家庭裁判所での検認が不要

デメリット

方式の不備で無効になるおそれ

解釈が問題になるおそれ

有効性が争われるおそれ

紛失や改ざんのおそれ

発見されないおそれ

家庭裁判所で検認が必要

公証人への依頼や保証人の確保が必要

費用がかかる

公証人と証人に内容を知られる


 

遺言書の実現力・遺言書による争いを防止するには、公正証書遺言が一番!

当事務所では、公正証書遺言の作成をおすすめしております。

 

自筆証書遺言の作成方法

自筆証書遺言書が法律上有効である遺言書であるためには、4つの要件を全て満たしている必要があります。

1.全文を自筆

全文を自分の手で書かないといけません。

書き損じた場合は、書き直した方がよいでしょう。

2.日付を自筆

遺言書を書いた日を特定できないといけません。

平成◯◯年◯月吉日 では、無効になってしまします。

3.氏名を自筆

氏名を書かないと誰の遺言書か分かりません。必ず記載しましょう。

4.押印

押印は、認印でも構いませんが馴染みのある印鑑を使用するのが無難です。

 

公正証書遺言の手続き

必要な書類

  • 遺言者の印鑑証明(3ヶ月以内のもの)
  • 遺産をもらう人の住民票
  • 遺産をもらう人が相続人である場合には、戸籍謄本
  • 遺産が不動産の場合には、登記事項証明書と固定資産評価証明書
  • 立会証人の住民票・運転免許書・保険証の写し(いずれか)

作成の流れ

  1. 事前に必要書類を提出しておきましょう。
  2. 遺言の口述(予め遺言の文章を作成しておくとスムーズです。)
  3. 公正証書遺言の読み聞かせ
  4. 公正証書遺言への署名・押印

 

相続手続きでお困りの | 遺言作成をお考えの方 | 相続対策をお考えの方

TOP業務案内ご依頼の流れ料金案内よくある質問事務所紹介無料相談の申込み問い合せ

 

《業務エリア》  静岡県西部地域(袋井市・浜松市・磐田市・掛川市・菊川市・森町)

初回相談無料

お気軽に

ご相談ください!


静岡県袋井市山科3377番地の3

(袋井インターから北へ3分)

メディア掲載実績

静岡新聞夕刊1面

生前贈与に関する取材記事が掲載されました。 

クリックで拡大
クリックで拡大

袋井市の封筒

広告を掲載して頂きました。

ぜひご覧ください! 

クリックで拡大
クリックで拡大

13週連続アクセス数No1!(静岡県内)

マイベストプロバナー
毎週コラムを更新しています!

セミナー情報・実績

第4回 袋井市まちゼミ

いざという時に困らない相続の話

(参加者9名)

いざという時に困らない相続の話
平成27年2月

『相続・遺言の基本』セミナー

袋井ゆうあいの里にて

(職員様 約40名参加)

相続の基本セミナー
平成26年11月

安心相続セミナー

月見の里学友館にて

(参加者11名) 

安心相続セミナー
平成26年9月

運営事務所

代表 永 井  宏 樹

静岡県袋井市山科3377番地の3

TEL 0538-42-5079

FAX 0538-42-5082

業務案内

  • 相続手続きサポート
  • 遺言作成サポート
  • 相続対策・生前贈与
  • 相続診断サービス
  • セカンドオピニオン
  • 不動産手続き

営業エリア

静岡県西部地域

  • 袋井市
  • 浜松市
  • 磐田市
  • 掛川市
  • 菊川市
  • 森町